独演会直前スペシャル2・スーパーマンの悩み

突然ですが、なぞなぞです。

**

「胸のSの字もかっこいいスーパーマン。
今日はちょっとブルーな顔で胸にMをつけています。なぜでしょう?」

答えは、最後の行に!(文中にヒントあります)

**

さて、昨年記念すべき第15回を迎えた「いのちの落語独演会」。記念に、スタッフお揃いのTシャツを作りました。身が引き締まります。今年もこのTシャツでお迎えします。スタッフがどこにいるか一目瞭然。困ったときには声をかけてくださいね!

当日のスタッフの1日をお教えしましょう。
朝は、スタッフ全員揃ってご挨拶。
主宰の樋口強・加代子夫妻を中心にミーティングがあります。

2015独演会準備3

「本日も満席です。長い一日になりますがよろしくお願いします」

ブリーフィング1

「はいっ!」

準備1

ミーティングのあとは、持ち場に別れて準備です。こちら受付チーム。

2015独演会準備4

チームワーク抜群です。

2015独演会準備2

「Tシャツのサイズ、何ですか?」

「秘密です」
「僕はLで~す」

2015独演会準備5

著書チーム。師匠のサインは直筆ホヤホヤですよ。

2015独演会準備6

「あなたの声」受付チーム。忙しいからブレちゃいました。

*****

今年もスタッフ一同、皆様にお目にかかれるのを楽しみにしています。

さて、クイズの答です。「Tシャツのサイズ」がヒントでした。
「スーパーマンはどうしてMと書いたシャツを着ていたか?」
「太っちゃってSが着られなくなったから、でした~。もっと太ったらLを着ます」

おあとがよろしいようで……。

(つづく)




独演会直前スペシャル1・あと何日で独演会?

9月に入り、夕方暗くなるのがぐぐっと早まった感があります。
皆様おかわりございませんか。

9月18日の「第16回いのちの落語独演会」も迫ってまいりました。
体調を整え、どうぞお気をつけておでかけくださいますように!

さて、わたくし、先日おもしろい話を聞きました。
友人のお孫ちゃんの生後100日目(お食い初め、ですね)が、ちょうどお嬢さん(つまり赤ちゃんのママ)の生後10000日目だった、という話です。
へぇ~!それはすごい偶然ね! で、数えてたの?(なわけはない)
そういうスマホのアプリがあるんだそうです。

で、早速真似してダウンロードしてみました。おおっ。日付を入れると今日を基準にいろいろ数えてくれますよ。

たとえば。

23367
樋口師匠が生まれてから、今日(2016/9/5)までの日数だそうです。 うわー。(←何を驚いているか自分でもわからない)

13
第16回いのちの落語独演会まで、今日から数えたらあと13日!!!
へぇ~~~~ッ!!!  (いや、それくらいは単純計算でわかりますって……)

5479
今年の独演会のその日は、上野広小路亭での第1回いのちに感謝の独演会から5,479日目になるんですって!そして第1回も第16回も、ともに9月18日。まさにどんぴしゃり!

一日、一日の積み重ねって、本当にありがたいですね。

数日前に見た、「彩雲」。虹の仲間だそうです。
皆さんにいいことありますように!
彩雲20160903

 




防災の日

東北地方・北海道地方の大雨被害に胸がいたみます。
心よりお見舞い申し上げます。

数年に一度、迷走台風が私達を悩ませ、しかもそういうのに限って被害が大きいのです。
一日も早く、元の生活に戻れますように。。。

今日9月1日は、関東大震災の日ですね。首都圏では防災訓練として電車も一時停止するそうです。
祖母が体験した未曾有の大震災の話はよくきかされました。
お昼時で火事が多く、それでいのちを落とした方が多かったのでしたね。
祖母の母が、ただおひつを持って、逃げたそうです。避難場所は皇居前。
それはものすごい人だったけれど、奇跡的に親戚に遭遇して涙にくれた、と。

その時の教訓としてずっと言われ続けていること。
「おひつは、空にしちゃいけない」。

何があっても、白いご飯を食べたら元気が出る、乗り越えられる。
そういう家でした。
「寝食忘れて働け」と言われたことはない。
「そんなことをしたら毒だよ」(体に悪いよ)
「いけないよ」(だめだよ)

3.11の時も、揺れて最初に思ったことは「しまった、ご飯さっきみんな食べちゃった」
すぐにお米を研ぎました。その間、だいぶ余震があったようなのですが、覚えていません。
もちろん、幸いにも、そうできる環境があったからなのですが。

いつか来る、ではなく、いつ来るか、に変わっている大地震。
明日のことはわからない。
今日を一所懸命過ごしたいと思います。

外は少しずつ、秋の気配。いのちの落語独演会も、もうすぐです。
皆様ご自愛ください。
すすき2016

 




花を抱える人

残暑お見舞い申し上げます

関東地方は、猛暑というより、不安定な気候が続いていますが、
いずれにしても、アツはナツいですね!

そしてどこよりも熱いのはリオ!
オリンピック、盛り上がっています。

いろいろな競技がありますが、
卓球・バドミントン・テニス・水泳のように、お遊びでしたことがあるスポーツ
陸上・体操・バスケ・バレーのように、
体育の時間にやったのは別物!のスポーツ、
新体操やシンクロナイズドスイミングのように、ただ見とれるスポーツ、
テコンドー・フェンシング・レスリングのようにルールがよくわからないけど
すごいなーと感心するスポーツ、
その他いろいろ、素晴らしいです。

ここ数日、女子の金メダル獲得のニュースが相次いで驚きました。
レスリングです。
各級とも、史上最強の霊長類、吉田沙保里選手を目標に
頑張ってきた選手が金メダルに輝き、
これで吉田が勝てなかったらどうなるだろう?と心配していたのですが、
はたして、打倒吉田!に燃えたアメリカの選手に負けてしまいました。
(吉田選手は、ご存知のように世界中から注目されていますが、
中国でのあだ名は「絶望」だそうです。彼女に勝つのは絶望的って。
すごいあだ名。。。)

亡きお父様との約束が果たせず泣いていましたが、
お母様が「(史上最強の霊長類も)私にはかわいい娘、そして人間です」
とおっしゃっていたのが印象的でした。
(その後、アナウンサーが、「お母様にとっては可愛いのですね」と
コメントしていました・・・とっても失礼だわ・苦笑)

吉田選手は、無限の努力で試合に勝ち続けることによって
女子レスリングの知名度を上げ
実力だけでなく、気さくで明るいキャラクターで親しまれ
多くの選手の目標になりました。
金メダルを取った若い選手が幼い頃に
吉田選手に甘えている様子をニュースで見ました。
皮肉にも、”育ての姉”だけが、決勝で負けてしまいました。
どんなにか、悔しかったことと思います。

たくさんの種をまいて、水をやり、たくさんの花が咲いたとき、
その花を、花束にして抱えることができなかったら…
とてもとても、残念だと思います。
でも、人生には、そういうことが時々ありますよね・・・

一夜明けて、にこにことインタビューに答える吉田選手
あなたの偉大さは、他の選手の金メダルが語っています。

謝らないで、胸を張って帰ってきてほしいと思いました。

mascot-both_new (1)

リオ・オリンピックマスコットのヴィニシウス(左)とパラリンピックマスコットのトム。
名前の由来は、ブラジル音楽の巨匠である「ヴィニシウス・ヂ・モライス」と、トム・ジョビンの愛称もある「アントニオ・カルロス・ジョビン」。「イパネマの娘」の作曲者と作詞者だそうです。
ちなみにヴィニシウスは、猿と鳥と猫が混ざったネコ科の動物です。トムは、葉っぱです。
__




フジテレビ「バイキング」

バイキング20160804

本番直前のスタジオ風景

__
8/4のフジテレビ「バイキング-がんを克服した人たち」をご覧いただいた皆様、ありがとうございました。気にかけていただき感謝しています。

__
民放110分全国ネットの生放送は華やかでにぎやかな制作現場でした。昼間のバラエティ番組でがんを取り上げることに少しは違和感を持っていましたが、出演者もスタッフも真剣な態度で取り組んでいたことに驚きました。110分番組なのでできたことでしょうか。
__
樋口強師匠は前半のインタビューの後、午後1時過ぎから紹介されました。
__
「究極の選択」を迫られ、「どう生きたいのか」を見つめて結論を出し、つらいなんてものじゃない治療に耐え抜いて乗り越えた姿、今も副作用と共に生きている姿。そこから生まれたメッセージが多くの方に届いていますように!

__
悲壮な面持ちで師匠の話を聞いていた坂上忍さんや杉本彩さんですが、師匠の最後の小噺にはスタジオ内大爆笑でしたね。笑うって、いいですね。
__
テレビを見てHPをご覧くださっている皆様、ありがとうございます。「第16回いのちの落語独演会」残席ほんのわずかです。お申込みはこちらからどうぞお早めに!
樋口強の著書もどうぞお読みください。著書・DVDのページはこちら

ご不明の点は第16回いのちの落語独演会事務局までお問合せください。__
__



樋口強 テレビ出演のお知らせ

暑中お見舞い申し上げます。

明日8月4日(木) お昼のフジテレビ「バイキング」より樋口強に出演依頼があり、
MCの坂上忍さん、薬丸裕英さんたちを相手に「がんを生き抜くコツ」を話します。
110分ずっと出演予定です。
バラエティ番組ですが笑いの中で真剣に取り組もうという試みです。
是非ご覧ください。録画予約もお忘れなきよう、お願いいたします!
__
○番組:フジテレビ「バイキング」(全国放送)
○日時:8月4日(木) 11:55~13:45 生放送
○特集:「がんを克服した人達」
○出演:坂上忍、フットボールアワー、薬丸裕英、麻木久仁子、杉本彩、樋口強、他
○番組HP:http://www.fujitv.co.jp/viking/talent.html
__




残席ほんのわずか

9月18日の「第16回いのちの落語独演会」まで、2ヶ月を切りました。
残席はほんのわずかになりましたので、迷っている方、うっかり忘れている方はどうぞお早めにお申込みください。

主宰の樋口強師匠と加代子夫人も、日々お忙しい中、着々と準備を進めていらっしゃいます。
ひとつのイベントを実現させるのは、大変なことです。16年続けるのは、もっと大変。その上、毎回新鮮な気持ちで取り組むことは、もっともっと大変だと思います。今年の「いのちの落語」。とてもとても楽しみですね!

さて、昨年、第15回、節目の年の記念にお揃いの「スタッフTシャツ」を作り、皆様をお迎えしました。舞台を支えてくださる師匠の落語のお仲間と、会場でお手伝いするスタッフ、そして師匠ご夫妻、毎年20名余のメンバーで動いています。

昨年の写真です。開場前に、「出立ち式」(というのだそうです!)で、士気を高めました。微妙なガッツポーズ?は、「オイラ!」と、自分を指すポーズだった、と後で知りました。みんな、わからないままポーズしてますね。バラバラです。(それじゃダメじゃん!)

出立ち式1S

今年も元気にお目にかかれることを願いつつ、9月18日、深川でお待ち申し上げております。

 




怪獣カモン

暑中お見舞い申し上げます。
今日は「大暑」だそうです。
ただし、関東地方はまだ梅雨が明けず、涼しい雨の日です。
日本は広いですね。

さて、「ウルトラマン」の放送開始から50年経ったそうで、テレビではいろいろ特集があったようです。「ウルトラマン」の前身は「ウルトラQ」といって、地球を守る人たちが力を合わせて怪獣を打ち倒す、という作品でした。ぐちゃぐちゃした模様が回転してタイトルの文字になる、というオープニングが昭和の子供には衝撃で、ずっと後でそれをカラー放送で初めて見た時はもっと驚きました。黒白のぐちゃぐちゃは、とてもカラフルだったのでした。

「ウルトラマン」の世になって、すごいヒトが、一人で怪獣を迎え撃ってやっつけて、すごいな、と思いました。「ヒーロー物」という言葉さえ知らなかったのでした。
で、その怪獣で一番好きだったのは、「ピグモン」でした。よくわからないのですが、子供と仲良しになって、最後は風船をつけて空へ飛んでいく、という、シリーズ中にしては珍しくファンタジックな内容でした。名前も可愛いです。たぶん、「くまもん」の遠いご先祖さまだと思います(疑)。
「ウルトラQ」にも、外見がほぼ同じ「ガラモン」というのが出ていて、長い間二人は親子だと思っていたのですが、ネットで先ほど調べたら、「赤の他人(他獣?)」なのだそうです。すごく似ています。比べてみましょう。

0730_4_photo_kyu tumblr_mq2i91fcce1soopnso1_500
     ピグモン          ガラモン。何か不満があるご様子

で、ここからが本題なのですが、東京のお盆の前と後に、お墓参りに行きまして、実家のお墓の家紋を一所懸命磨いてましたら、まあ、これが、だんだんピグモンに見えてきました。

丸に立ち沢潟

丸に澤潟(おもだか)といいます。家紋で遊んでごめんなさい。同じ家紋の方、ごめんなさい。
一度そう見てしまうと、もはやそれにしか見えない!

 




てかてか

前回のブログ記事に関連して。

「てかてか」は、決していやな響きではないのですが…というご感想を頂きました。ありがとうございます!この言葉には、お父様のポマード⇒ビジネスマンの象徴⇒あこがれ との図式があるのだそうです。

同じように思われた方もあったのでは?大変失礼いたしました!

言葉のイメージというのは、ことほどさように、自分の体験に依ってよいものにも悪いものにもなるのですね。

などと思っていたら、ふと立ち寄った書店でこんな本に遭遇しました

擬態語

樋口強師匠の著書「最近、あなた笑えてますか」 の挿絵でもおなじみの五味太郎さんの本です。五十音順にいろいろな【擬態語】が書かれていて、それぞれ使う状況が英語で説明されています。五味さんの絵ですから、おもしろいです。
残念ながら「てかてか」のページがなかったので私は買いませんでしたがご興味がありましたらどうぞ!

 

 




夏のお化粧

こんにちは。
日曜日の朝、梅雨の晴れ間に富士山が見えました。

fujisan20160626

すっかり雪が解けて、夏のメイク、ですね。

フランスの化粧品会社では、日本人の女性社員の需要が大きいのだそうです。なぜか。それは、「日本人の女の子は、肌の状態を表す言葉をたくさん知っているから!」
日本語は、様態をあらわす言葉(擬態語。オノマトペ)が豊富なのですね。普段意識しないで使っていますが、お肌つるつる、すべすべ、髪さらさら…etc   確かにこれらを欧米の言葉に訳すのはほとんど無理です~。

さらに最近では若い女性によって、新しい言葉も派生しています。
お父さんの毛のない頭は「つるつる」。自分のすべりのよい髪は「とぅるとぅる」。(同じ言葉はイヤ!)
嚙むと口の中で「にちゃにちゃ」するパンを「もっちもち」と言い換えたら爆発的に売れたりします。

我が家でもふとしたはずみで「牛すじカレー」の話になって、そういうもの(ホルモンとか…)が大好きな夫が「あれはお肌にいいんだぞ。コラーゲンだから、翌日顔がテカテカになるから、女性にもいいぞ」

ブッブー。とうちゃん、テカテカ、ギトギト、ギラギラ、 NG です。
「奥様、これを塗るとお肌がテカテカになりますわよ」といわれてそれを化粧品売場で買う人はいませんよね~。(正解:つやつや)

暑さに向います。楽しいことをたくさん考えて、元気もりもりでまいりましょう!

 

 




深川

関東地方も梅雨入りしました。
この季節、雨が少ないといろいろ農作物に影響があって困りますから、降る時にちゃんと降ったほうがいいです。
花の都パリのセーヌ川は大雨の影響で水かさが増し、川岸にあるルーヴル美術館やオルセー美術館の収蔵美術品の一部も高い階に避難したそうです。一言で「避難」といっても、まぁ~、大変そうですね。日本の雨もほどほどでありますようにと祈るばかりです。
__
今年の「いのちの落語独演会」もあと3ヶ月ほどに迫ってきました。
毎年会場となっているホールのある「深川江戸資料館」。ご存知の方も多いと思いますが、ホールは2階。1階の常設展示室では、江戸の町並みが再現されて、とっても楽しい、と評判です。是非独演会の行き帰りに覗いてみてくださいね。
eki2
えっ、毎年行ってる?失礼しました!
__
NHKの連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の舞台も、ここ深川ですね。
__
きっぷのいい材木問屋の女将さん。人情に厚く涙もろい番頭さん。とっつき悪いけれどほんとは優しい仕出し弁当屋のおかみさん。頑固な板前さん。魅力的な江戸っ子がいっぱい出てきて楽しいです。私は実はこのドラマの脚本家西田征史さんの大ファンで(もとは喜劇役者さん)彼が演じたり書いたりするあったかくおもしろい世界が大好きなので、時間がある時は1日4回見たりしています。
西田さんは「いなせなお兄さん」などが好きなので、「とと姉ちゃん」で念願の朝ドラデビュー、というニュースを読んだときには「ああ、魚河岸の話だ!」と思ったのですが、ちょっと違いました。落語にも通じる人情の世界が楽しめますので、見てない方は是非どうぞ。
__
今年の「いのちの落語独演会」にお越しの方がついでに深川散策をなさるとしたらどこがいいかな、と考えながらブログを書き始めました。で、私の一番のお薦め、昔の「木場」、つまり、材木がぷかぷか浮いていた川(貯木場)を埋め立てて公園にして、そこに建てられた「東京都現代美術館」! このあたり、とっても好きです。
で、この美術館のHPです。
__
↓↓↓ みてみて~!
http://www.mot-art-museum.jp/
__
ガーン!
すみません。2018年まで大規模改修のため閉鎖中だそうです。。。

収蔵美術品はどこぞに避難しているのでしょうね。大変ですね。。。
__
今年の通行証が届いた幸運な皆様、どうぞお気をつけてお越しください。
いのちの落語独演会スタッフ一同、お待ち申し上げております!

 

 

eki1s

清澄白河駅の地下には深川江戸資料館の案内パネルがあります。まめ助は、ホールロビー奥からも見えますよ。探してくださいね

 

 




特別寄稿 柳家喜多八師匠に捧ぐ-噺家の美学-

○特別寄稿 柳家喜多八師匠に捧ぐ-噺家の美学-
_____「いのちの落語独演会」主宰  樋口強
_______
喜多八さんと出会ったのが今から35年前。
まだ二つ目で「小八さん」と名乗っていた頃だ。
社会人落語の会で楽屋にフラッと顔を出して、私の出番の前に一言、
「聞かせてもらいます」
礼儀正しい人だった。
_______
2001年、私が生きるはずがないというがんに出会って5年が経ったとき、
「がんの仲間を招待して落語会をやりたい」と喜多八さんに話したら、
「アタシも(その高座に)上がらせてよ」
と、特別出演を買って出てくれた。
_______
会場は上野広小路亭。
ここは落語芸術協会が定席として開業した場所で上野鈴本とは目と鼻の先。
落語協会の噺家さんが出演してはいけない高座である。(喜多八さんは落語協会所属)
「気にしなくていいんですよ。アタシでお役に立つんなら」
初回から13年間、毎年しびれるような迫真の高座であった。
博品館(毎回切符が取れないことで有名な喜多八独演会)でも見せたことのない落語の楽しさとすごさを、全国から集うがんの人たちに教えてくれた。
_______
そして、2012年の高座でこう切り出した。
「アタシもね、この度、皆さんのお仲間に加えていただくことになりまして・・・」
会場から拍手が起こった。
喜多八さんがあとになって述懐する。
「がんを告白して拍手されるのはこの会だけだよ。けど温かいね」
_______
一年に一度、東京深川に集う全国のがんの仲間たちが、喜多八さんの至芸に酔いしれ大笑いした。
喜多八さんがこの高座に掛けた噺の数は18席。
初回が『小言念仏』。そして、『粗忽の釘』、『やかんなめ』など大爆笑の得意ネタが続き、『明烏』、『船徳』と絶品芸がかかる。
そして、2013年。この会を卒業する最後のネタに選んだのは、とっておき『鰻の幇間(たいこ)』であった。
_______
会場のがんの仲間たちは、「笑うと元気になれる」と、その高座から生きる希望と勇気をいただいた。
しかし、2013年の春、新幹線で移動中の私の携帯に喜多八さんから電話が入った。
「今年で終わりにさせてほしい」
「わかりました」
多くの会話は必要なかった。
喜多八さんは病気のつらさや苦しさを決して高座には出さなかった。
噺家としての美学を貫き通した人であった。
_______
その柳家喜多八師匠が育ててくれた落語会が、今年も9月に全国からがんの仲間が駆けつけて、東京深川で16回目を迎える。
_______
柳家喜多八師匠のご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

 




ようこさん?

きのうのこと。
東京近郊の駅で知人を見送ったあと、
こちらをにこにこと見ている同世代のご夫妻に気づきました。
私の知らない人だったので、知人のお知り合いかな?と思うのとほぼ同時に
「◎Δ#≒$?」
なんか言われた。
「???」
「ようこさん?ようこさんですよね?」

「ひょい?」
人間は、あまりびっくりすると、変な声を出すことがあります。
しかし、私はようこさんではありませんので
「いいえ、違います、お人違いかと…」
と答えたら
そのご夫妻は
「あ、やっぱりよく見たら全然違った。ようこさんはこんなオバちゃんじゃないや」
という顔をするどころか、
「あぁ~…、そうですか~……失礼しました……」
(お前、ようこであることを隠しているな。でもそんなに否定するならしかたないから信じてやろう)
とでも言いたげな表情で
「よく似てるねー」 と言い合いながらその場を去っていかれました。

え、まさか。

そんなに言われたら、
実は私はようこさんだったのでは、と心配になり
隣にいた母に
「わたし、ようこさんですか?」
と尋ねたら
「ちがいます」
という明確な答えが返ってきたので安心しました。

ようこさんというお名前は大好きです。
三浦綾子「氷点」の陽子。これがベスト。
それを演じた内藤洋子、島田陽子。(うつくしい)
いしのようこ、荻野目洋子。(あいどる)
オノ・ヨーコ、港のヨーコ。(かっこいい)

みんな素敵だなあ。似てるかなあ。(似ても似つかない)

大好きな吉田羊。(もはや、ようこでさえない)

小学校1年生頃から時々、自分は自分で、他の誰でもなくて、
今見えてることは夢ではなくすべて実在し、これが現実で
なんだか不思議!ぅおー!と叫びたくなることがあります。
普段は意識しないのだけれど、一度意識し始めると
見るもの全てが不思議で不思議で
燃えている球体がどこか遠くに浮かんでいてそのおかげで洗濯物が乾く、とか
怖くてたまらなくなること、ありませんか?
私は、あります。

それはともかく
会ってみたいぞ、ようこさん。

marronier

マロニエの花、トチの花です。ピンクと白があります。大きな木に、上を向いて咲くので気づかない人が多いです。私が見上げてたら、あの花はなんですか?と聞かれました。よく人に道やものを聞かれます。イケメンからは話しかけられませんが、めげません。




東京オリンピック公式エンブレム

やっと決まったようですね、2020年東京オリンピック公式エンブレム。
「組市松紋」 だそうです。
olympiques
江戸の紋様は、著作権の問題がないから、そういうのにすればいいのに、と思っていました。想いは同じ?でも、4つの候補のうち、一番暗い…よく言えばシック?末広がりの模様も見えて、桜や楓、はたまた天狗のうちわにも見えないことなくて、とか言いながらずっと見てると目がチカチカしますが、これぞジャポネスク。海外からはどう見えるでしょうね。チェッカーフラッグの変形、に見えるのかしら。あと、私はこういう色あいのクッキーが大好きです(関係ないか)。

今年はブラジルはリオ・デジャネイロのオリンピックです。どんなドラマが生まれるでしょう。楽しみです。

オリンピックがあってもなくても、「生きてるだけで金メダル」。 名言ですね!




桜前線

お仕事先の師匠から、写真を頂きました。
満開~散り初め。美しいですね。。。

sakura2016

かつて地震や津波や土砂崩れがあった地方にも、こうしてまた桜が咲いています。
今、困難にある方が、どうぞ乗り越えられますように。お祈りいたします。