著書・CD・DVD

1609018_vui_0825-%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0

                       撮影:写真家 内田雅子氏Ⓒ

樋口強の著書・DVDをご紹介します。

CD付の著書では貴重な落語のライブ音源も
お楽しみ頂けます。
どの作品も樋口強 渾身の書き下ろしです。

樋口強の著書・DVDは、
アマゾン(下記リンク)・書籍通販サイト・
全国書店でご購入頂けます。
書店にない場合はご注文ください。 

 

樋口 強 最新著書 2016.2.18発売new_red2
津波もがんも笑いで越えて

『津波もがんも笑いで越えて-いのちの落語家が追った3.11
(東京新聞刊)

がんを背負いながら、東日本大地震の津波で家族と家を失い、それでも希望と勇気をもって生き抜こうとする人たちを、樋口強が3年に亘って取材し書き下ろした感動の一冊です。
「津波とがん」。
この二重の苦しみをどんな笑いに変えたのでしょうか。
東京深川での「いのちの落語独演会」で上演した 『いのちの落語-あの日を忘れない』のライブ収録CDもついています。
是非ご一読ください。
スタッフによるレビューもどうぞご参考に……⇒スタッフブログ
 

『最近、あなた笑えてますか』
(日本経済新聞出版社刊)

(ライブCD付)樋口強 四冊目の著書を日本経済新聞出版社より上梓いたしました。 「本当の健康とは何か」、「あなたは生きて何がしたいですか」樋口強が、生きるはずのないいのちを乗り越えて掴んだものとは何か。全国での取材を通して、一年半をかけて書き下ろした感動の著作です。 疲れ気味で元気のない働き盛りの方たちには特に読んでほしい一冊です。 鋭い視線で人気の絵本作家・五味太郎さんがたくさんの挿絵を用意して くれました。二人のコラボレーションによる「いのちへの賛歌」もお楽しみください。

『掴みとるいのち』

 (ライブCD付)毎日のように訪れる人生の分岐点。どちらの道を進むのか.「あなたは生きて何がしたいのですか」と問いかけられます。そんなときに、自分なりの判断基準を持っていたいものです。
本著は、読者の皆さんと具体的にわかりやすく、そして正直に考えていきます。笑いながら爽快感を持って読める樋口強渾身の一冊です。

 『今だからこそ、良寛』

子供目線で自在に生きる良寛さんの人生を落語にしました。本邦初です。良寛さんと笑いとがん。この三つを樋口強流に一本の線で結びました。「良寛さんが教えてくれる 人生が輝いて楽しくなる秘訣」が満載です。笑いながら人生が楽しくなる本です。2時間で読めるよう編集しました。 是非、手にとってみてください。

内容紹介
○落語になった良寛-いのちの落語「良寛ものがたり」本邦初
○今だからこそ良寛-良寛さんの楽しい逸話と古典落語の世界
○今に生きる良寛-良寛流に生きる現代の三人の感動の姿


DVD『落語良寛ものがたり』

 いのちの落語「良寛ものがたり」人生を自在に生きる良寛さんを
樋口強が始めて落語にしました。そのDVDが発売になりました。
良寛さんが生涯追い続けた母への憧憬は、誰もが持つ母への愛に
つながります。既に大きな反響と高い評価をいただいています。
笑いと涙の本著を是非ご覧ください。

『いのちの落語』

 (ライブCD付)がんの仲間とその家族だけを招待し、東京深川で一年に一度だけかかる創作落語がある。その高座に上がるのは悪性の肺がんから生還した会社員。自らの体験をもとにしたその落語
「病院日記」はすべての人に生きることの意味を投げかける。

『つかむ勇気 手放す勇気』

がんと出会い、二つ目のいのちを歩く中でさまざまなものにめぐりあいます。あなたは、新しい大切なものをつかむために、やっとの思いで手に入れた大事なものを手放す勇気がありますか--。
「いのちの落語」に続き、生きる勇気と希望を届けるメッセージブックとして書き上げました。手にとって欲しい一冊です!
目次の一部
「普通のことが普通にできる」、「最高の贅沢」、「自分を褒めてやる」「待つのがまつり」、「生きてるだけで金メダル」・・・・等。

『生きてるだけで金メダル』

(ライブCD付)樋口強の「いのちの落語講演会」で出会った全国の人の笑いと笑顔をこの本でつなぎました。生きることに立ち止まる
すべての人に「希望と勇気」を伝えます。見るだけで元気が出る笑顔の写真と、著者の創作落語できっと元気になれます。
「いのちの落語」(文藝春秋刊)、 「つかむ勇気 手放す勇気」(春陽堂書店刊)に続く樋口強のいのちへのメッセージ!

『笑いの海に飛び込めば、生きる手掛かりが見つかる』

今までの樋口強がこの一冊ですべてわかる本です。20-30代の若い人たちにも、これからのいのちを考える参考書にしてほしい本です。
是非ご一読ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加