ごあいさつ

みなさま、こんにちは。いのちの落語家・樋口強です。お変わりありませんか。

樋口強スーツ2

               撮影:写真家 難波竹一郎氏Ⓒ

私の「いのちの落語」は、いつもこの言葉で始める
ことにしています。今日が昨日と変わらない、明日も
今日と同じ日でありますように…。
これがいのちの原点だと思っております。

突然ですが、あなたは生きて何がしたいですか。
私は43歳のときに「3年生依存率5%」という
がんに出会って、それでも生きたい、と切ない
までに思いました。
でもその次に、では生きて何がしたいんだろう、と
病室のベッドの中で問い続けました。
そして、たくさんのことに気づきました。

 

このホームページには、樋口強がいのちをかけてつかんだ「輝いて生きるたくさんの知恵」が詰まっています。生きることにつらくなったとき、苦しくなったとき、一歩も前へ進めなくなったときにお立ち寄りください。

樋口強が二つ目のいのちを生きる信条は、

①笑いは最高の抗がん剤
②自分の生き方は自分が決める
③「普通のことが普通にできる」が一番
④そして、『生きてるだけで金メダル!!』

ほかにも、元気になれるたくさんの著作があります。
思いっきり泣いて笑える「いのちの落語講演会」で全国各地へ伺います。
いつも扉を開けてお待ちしています。私と一緒に笑ってみませんか。

いのちの落語家  樋口 強

このエントリーをはてなブックマークに追加