防災の日

東北地方・北海道地方の大雨被害に胸がいたみます。
心よりお見舞い申し上げます。

数年に一度、迷走台風が私達を悩ませ、しかもそういうのに限って被害が大きいのです。
一日も早く、元の生活に戻れますように。。。

今日9月1日は、関東大震災の日ですね。首都圏では防災訓練として電車も一時停止するそうです。
祖母が体験した未曾有の大震災の話はよくきかされました。
お昼時で火事が多く、それでいのちを落とした方が多かったのでしたね。
祖母の母が、ただおひつを持って、逃げたそうです。避難場所は皇居前。
それはものすごい人だったけれど、奇跡的に親戚に遭遇して涙にくれた、と。

その時の教訓としてずっと言われ続けていること。
「おひつは、空にしちゃいけない」。

何があっても、白いご飯を食べたら元気が出る、乗り越えられる。
そういう家でした。
「寝食忘れて働け」と言われたことはない。
「そんなことをしたら毒だよ」(体に悪いよ)
「いけないよ」(だめだよ)

3.11の時も、揺れて最初に思ったことは「しまった、ご飯さっきみんな食べちゃった」
すぐにお米を研ぎました。その間、だいぶ余震があったようなのですが、覚えていません。
もちろん、幸いにも、そうできる環境があったからなのですが。

いつか来る、ではなく、いつ来るか、に変わっている大地震。
明日のことはわからない。
今日を一所懸命過ごしたいと思います。

外は少しずつ、秋の気配。いのちの落語独演会も、もうすぐです。
皆様ご自愛ください。
すすき2016

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です