怪獣カモン

暑中お見舞い申し上げます。
今日は「大暑」だそうです。
ただし、関東地方はまだ梅雨が明けず、涼しい雨の日です。
日本は広いですね。

さて、「ウルトラマン」の放送開始から50年経ったそうで、テレビではいろいろ特集があったようです。「ウルトラマン」の前身は「ウルトラQ」といって、地球を守る人たちが力を合わせて怪獣を打ち倒す、という作品でした。ぐちゃぐちゃした模様が回転してタイトルの文字になる、というオープニングが昭和の子供には衝撃で、ずっと後でそれをカラー放送で初めて見た時はもっと驚きました。黒白のぐちゃぐちゃは、とてもカラフルだったのでした。

「ウルトラマン」の世になって、すごいヒトが、一人で怪獣を迎え撃ってやっつけて、すごいな、と思いました。「ヒーロー物」という言葉さえ知らなかったのでした。
で、その怪獣で一番好きだったのは、「ピグモン」でした。よくわからないのですが、子供と仲良しになって、最後は風船をつけて空へ飛んでいく、という、シリーズ中にしては珍しくファンタジックな内容でした。名前も可愛いです。たぶん、「くまもん」の遠いご先祖さまだと思います(疑)。
「ウルトラQ」にも、外見がほぼ同じ「ガラモン」というのが出ていて、長い間二人は親子だと思っていたのですが、ネットで先ほど調べたら、「赤の他人(他獣?)」なのだそうです。すごく似ています。比べてみましょう。

0730_4_photo_kyu tumblr_mq2i91fcce1soopnso1_500
     ピグモン          ガラモン。何か不満があるご様子

で、ここからが本題なのですが、東京のお盆の前と後に、お墓参りに行きまして、実家のお墓の家紋を一所懸命磨いてましたら、まあ、これが、だんだんピグモンに見えてきました。

丸に立ち沢潟

丸に澤潟(おもだか)といいます。家紋で遊んでごめんなさい。同じ家紋の方、ごめんなさい。
一度そう見てしまうと、もはやそれにしか見えない!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です