夏のお化粧

こんにちは。
日曜日の朝、梅雨の晴れ間に富士山が見えました。

fujisan20160626

すっかり雪が解けて、夏のメイク、ですね。

フランスの化粧品会社では、日本人の女性社員の需要が大きいのだそうです。なぜか。それは、「日本人の女の子は、肌の状態を表す言葉をたくさん知っているから!」
日本語は、様態をあらわす言葉(擬態語。オノマトペ)が豊富なのですね。普段意識しないで使っていますが、お肌つるつる、すべすべ、髪さらさら…etc   確かにこれらを欧米の言葉に訳すのはほとんど無理です~。

さらに最近では若い女性によって、新しい言葉も派生しています。
お父さんの毛のない頭は「つるつる」。自分のすべりのよい髪は「とぅるとぅる」。(同じ言葉はイヤ!)
嚙むと口の中で「にちゃにちゃ」するパンを「もっちもち」と言い換えたら爆発的に売れたりします。

我が家でもふとしたはずみで「牛すじカレー」の話になって、そういうもの(ホルモンとか…)が大好きな夫が「あれはお肌にいいんだぞ。コラーゲンだから、翌日顔がテカテカになるから、女性にもいいぞ」

ブッブー。とうちゃん、テカテカ、ギトギト、ギラギラ、 NG です。
「奥様、これを塗るとお肌がテカテカになりますわよ」といわれてそれを化粧品売場で買う人はいませんよね~。(正解:つやつや)

暑さに向います。楽しいことをたくさん考えて、元気もりもりでまいりましょう!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です