文化放送「キャンサーカフェ」収録レポ(追記あり)

春が足踏みしているようなこのごろですが、お変わりありませんか?
電車に乗ると、このところ毎日、はかま姿のお嬢さん方を見かけます。
卒業のシーズンですね。
このあと、4月ごろになると、町のあちこちで「久しぶりーっ!!!」と女子の声があがります。
多くは卒業後に「久しぶり」に会った友達同士のようですが、
確かに高校で毎日会っていた友達に1ヶ月も会わないと、「久しぶり」なんでしょうね。
私達オトナの「久しぶり」は、まず、普通は年単位。
スゴイときは、40年ぶり、なんていうことも、あり得るようなお年頃になりました。

さて、こちらは、1年8ヶ月ぶり、のお話。
文化放送の「キャンサーカフェ~みんなでがんを考えよう」に樋口強が出演いたします。
前回は、2014年の7月でした。つい昨日のことのようですが。

今回の放送はたっぷり!2週にわたります

文化放送ラジオ(1134kHz)
3月20日(日曜日) 8:00~8:30
3月27日(日曜日) 8:00~8:30
★インターネットラジオradiko の文化放送でもクリアな音質でお聴きになれます。

http://radiko.jp/

是非お聴きください!
先日、収録が行われました。
JR山手線、京浜東北線の線路と、旧芝離宮恩賜庭園を見下ろす、絶景の明るいスタジオです。

20160308文化放送DSCF2841

新著のお話も、「たっぷり!」

 

20160308文化放送DSCF2836

見晴らしの良い、特等席のスタジオです。

 

20160308文化放送キャンサーカフェ_OA3

本番中。こういう雰囲気です。

 

20160308文化放送DSCF2890blog

石川真紀アナウンサーと、笑顔の樋口師匠。


師匠も笑顔で、終始なごやかな雰囲気で収録は進みました。
盛り沢山で、とっても1回ではおさまらず!2週にわたっての放送となりました。

「津波もがんも笑いで越えて」の制作秘話、
モデルとなった熊上渚さんと鈴木ツマさんの近況などが惜しげもなく語られます。
樋口強の最新著書を10倍楽しめること請け合いです。

がん研有明病院の名誉院長、門田守人先生と、文化放送石川真紀アナウンサーも
樋口強の世界をよく読みこんでくださって、すでに説明の要らない空間ができていました。
本番中、何度も爆笑が起きました。放送をどうぞお楽しみに!

門田守人先生は、あのがん研有明病院の名誉院長先生でいらっしゃるのに、とても気さくで温かい先生です。放送からもきっと感じ取って頂けるのではないでしょうか。

そして、石川アナウンサーのお声の素敵なこと!
「アニメ声」(と私は呼ぶ)が聞こえてくることが多い昨今、落ち着いた美しいお声はとても貴重。樋口師匠の歯切れのよい声とよくマッチして、思わず聞き惚れてしまいました。そのあたりも是非、お確かめくださいね。
そしていつの日も、火の用心です。
浜松町駅名物 小便小僧くん。
もう何十年も前に、あるご婦人が四季折々の手作り衣裳を着せてくれて、その方亡き後も受け継がれているとききました。
春の火災予防運動中ということで、かっこいい消防士さんの制服姿です。
落語家さんスタイルもリクエストしたいなぁ。きっと似合うでしょうね!

小便小僧2

まさかの時には、初期消火がとても大事。

 

小便小僧1

季節感あふれる手作りのお洋服が素敵。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です